shuheiのお仕事・推し事ブログ

いつか戦車に乗って遊ぼう

ちょい速記

ライブ・トークショー・イベントレポ用メモのスピードを上げる方法【速記は無理・難しい方向け】

投稿日:

ライブ・トークショーなどのイベントで、レポを書くためにメモをとっている人にはわかってもらえるかもしれないんですが、
出演者の方のトークとか全部メモりたいけど、はっきり言ってメモをとるスピードって全然追いつかないですよね。

追いつかないんですけど、ちょっとしたコツを覚えることで、
今よりメモをとるスピードが断然速くなる方法はあります。

「速記じゃない?」

と思った方もいるかもしれませんが、違います。
この記事では、速記のような特殊な訓練なしに「今の知識・今の技術」を応用することで今より速くメモがとれるようになる、そんな方法を紹介します。

私は約3年半ほど、推しの声優さん関連のライブ・トークショーなどのイベント現場でメモをとり、そのメモをもとにレポを書くということをしてきました。
合計で80〜90本くらい書いていると思います。
イベントの頭から終わりまでの内容や出演者のトークをそれなりに詳しく書けていると思うので、興味のある方はnoteに上げているレポを参考にして頂ければ幸いです。

▼参考記事:1時間程度のトークショーのイベントレポート

ライブ・トークショー・イベントのレポ用にメモのスピードを上げる方法

本記事の目次です。

1、ひらがなとカタカナ、画数が少ない方を把握する
2、ひらがなやカタカナを書きやすくアレンジする
3、重要な部分を拾ってあとは捨てる
4、単語や名詞も省略する

それでは順番に説明していきます。

1、ひらがなとカタカナ、画数が少ない方を把握する

自分はイベントでメモをとるとき、ほとんどカタカナとひらがなで書いています。画数が少ない漢字は多少使いますが、普通に文章を書くように漢字も使って書いていては、まったく間に合いません。とにかく同じ文字・単語を書くのにも、画数を減らすことができればスピードアップにつながります。

そこでなんですが、皆さんは50音のひらがなとカタカナの画数を比べてみたことがあるでしょうか。
例えば、「あ」と「ア」でしたら、

「あ」→3画
「ア」→2画

なので、「ア」のほうが画数が少ないですよね。
基本的には、画数が少ない方が、速く書けます。

下の画像の50音表を見てもらえると、画数(と書き順)が載っているので、ひらがなとカタカナの比較ができると思います。

ということで、ここではひらがなとカタカナを50音すべて比較して、画数が少ない方をまとめてみました。
(ひらがな、カタカナが両方書いてある場合は、同じ画数ということです)

<ひらがな・カタカナの画数が少ない方の一覧>

では、上記の表の通りひらがなとカタカナを完璧に使い分けてメモをとれたら、書くスピードが速くなるのか・・・と言われれば、そうとも限らないというのが実際のところかと思います。

理由はいくつかあるのですが、まず「慣れ」があります。
実際に試してみて頂ければと思いますが、例えばある文章を「全部ひらがな」で書くのと、「全部カタカナ」で書くのだったら、おそらく多くの方が「全部ひらがな」で書く方が速いと思います。これは単純にそちらの方が「手が慣れている」からです。今読んで頂いているこの文章も大部分はひらがなで書かれているわけですが、これは手書きの文章においても同じかと思います。普段多く書いているひらがなの方が、慣れているというわけです。

次に、「筆運び」があります。
「す・ス」という字を例に説明します。
ひらがなの「す」は最後二画目の書き終わりは、左下に向かっていきますよね。

しかし、カタカナの「ス」では、最後二画目の書き終わりは右下に向かっていきます。

私の場合メモを横書きで書いているのですが、この場合、カタカナの「ス」の方が、若干ですが次の字(右に書いていくので)に向かいやすいわけです。

他にも、「め・メ」は両方2画ですが、「め」は二画目でぐるっと弧を描く必要があるので、どちらかと言えば「メ」の方が速く書ける・・・とか、細かいことを言えば文字ごとに色々あるのですが・・・そこらへんは、個人差もあると思いますので、実践して感覚を掴んでいって頂きたいと思います。まずは一覧表で各文字の画数を把握して頂き、画数の少ない方で書くことを意識しつつ、その上で、「自分にとってはどうやるのが一番速く書けるか」という判断をしていって頂ければ幸いです。

2、ひらがなやカタカナを書きやすくアレンジする

前述のように、カタカナとひらがなには画数の多い少ないがあるわけですが、それはあくまで通常の画数の話で、その字として認識できれば、ある程度自分で書き順や書き方を変えて、画数を減らしてしまってもかまわないと思います。

そこで参考までですが、私のアレンジ形を一部紹介したいと思います。もちろんこれをそのまま取り入れて頂いてもけっこうですし、日常的にこういったアレンジをされているという方は、どんどん発展させてみて下さい。
意識的にこういったアレンジをしないとしても、走り書きでメモをとっていれば自然と文字が崩れていくでしょうし、英語の筆記体や漢字の草書のように変化していく部分もあると思います。あとで自分で読めさえすればいいので、「速く書けて自分で読める」ギリギリのラインを見極めていって頂ければいいでしょう。

<筆者のアレンジ>

3、重要な部分を拾ってあとは捨てる

仕事上の指示や連絡事項をメモするときなど、自然にやっている方もいると思いますが、重要な部分(単語)だけを書いて、あとは省略するという方法が、イベントの内容をメモする時でも必要になってきます。

例えば、イベントで出演者の方がこう発言したとします。

「2月の終わりくらいに○○さんと一緒に別の作品のイベントで、京都に行ったんですけど、打ち上げで初めて日本酒を・・・私、日本酒ってそれまで飲んだこと無かったんですけど・・・そこで初めて飲んだんですよ」

これを、仮に以下のようにメモしたとします。

2月終わり? ○○ 別作品イベント 京都 打ち上げ 初 日本酒 飲んだ

いかがでしょうか。これでもお話の内容と言うか、事実関係みたいなところはだいたい分かるかと思います。

このように、まずは後で読んで「話(発言)の内容が分かる」ということを目指して、メモをとっていくのがいいかと思います。そしてそのためには、なるべく重要な単語を拾って、助詞や接続詞といった部分は省略してしまうのがいいでしょう。

なお、上記のメモの例は分かりやすくするために漢字も混ぜていますが、ひらがな・カタカナをメインにし、スピード重視すれば以下のようになると思います。

2月末? ○○ べつイベ 京ト うち上 初 日サケ のんダ

だいたい分かって頂けるかとは思いますが、少し解説しますと、「日サケ」は「日本酒」が漢字で書いてもひらがな・カタカナで書いても長い(時間がかかる)ので、「日(本)酒」→「日サケ」という考え方で略してみた書き方です。そもそも「ポン酒」という略し方もあるので、そう書いてもいいと思いますが、とにかくメモをとりながらとっさに判断して、耳で聞いた音そのままではないが、速く書くために別の表記をするということも、慣れればだんだんできるようになるかと思います。

4、単語や名詞も省略する

上記以外にも「省略」の考え方としていくつか実践していることを紹介します。

・出演者のお名前

イベントやトークショーでは複数の方が出演されますので、メモするときは発言者を区別するために、その方のお名前の頭文字を書いて○で囲んでいます。発言のスピードに追いつかない場合は、○はせずに頭文字だけ書いておくこともあります。
これを応用して、誰かのお話の中に、誰かのお名前が出てきたときも、同じ方法で書き表すことができます。

また、MC(司会進行)の方がいらっしゃる場合は、○のみで表すことが多いです。

<例:「上坂すみれ」さんの発言をメモする場合>

・イベントタイトルや作品名

特定のアニメ作品のイベントなどに参加した場合、その作品名や、イベントのタイトルが出演者のお話の中で出てくることがあると思いますが、
「」で略してしまうことが多いです
例えば出演者の方が

この「ゴブリンスレイヤー」という作品に関わらせて頂いて・・・

と言った場合、メモは

「  」に関せ 頂き

というようにして、作品名の部分は「」以外書かない。これでも、後で見たときに文脈から作品名が入るということが分かります。(こういう時あんまり他の作品の話ってしないですしね)

同じ用に、たとえばMCの方が

本日は「(長いイベントタイトル)」にお越し頂き・・・

という切り出しで来場者への挨拶をされる場面は多いと思いますが、

本日は「  」にお越し頂き〜

と書いても、「あ、ここはイベントタイトルが入るな」と判断できると思います。このように、書かなくても分かることはガンガン省略していきましょう。

・特定の外来語やカタカナ語・固有名詞など

「コミュニケーション」など、会話の中で字数の多い外来語やカタカナ語だったり、アニメ作品などでは長い用語や固有名詞が出てくることが多いと思いますが、これらは頭文字などの一部だけを書いて、残りまたは途中に下線を引くという書き方で省略するという方法があります。

例:「コミュニケーション」の場合

コミュ_____

例:「汎用人型決戦兵器(はんようひとがたけっせんへいき)」の場合(※アニメ:「新世紀エヴァンゲリオン」内の用語)

ハン_____兵キ

こちらの方法も、書かなくても分かる部分は書かないという原則から来ています。他の単語とごっちゃにならないよう、工夫して省略してみてください。(だいたい、文脈で分かると思いますが)

・年、月、日、時間

「〜年前から」「〜週間くらい」「〜日間で」「〜時間ぶっ続けで」などなど、期間や時期についての話題が出ることは多いと思います。そこで「何時間、何日」といった単位はアルファベットで省略形を決めて置くと速く書けると思います。

・時間→ Hour から 「h」と書く
(例:1時間くらい → 1hくらい)

・日→ Day から 「d」と書く
(例:2日前 → 2dマエ)

・週→ Week から 「w」と書く
(例:3週間ずっと → 3wずっと)

・月→ Month から 「m」と書く
(例:4ヶ月後に → 4mゴ)

・年→ Year から 「y」と書く
(例:5年前の春 → 5yマエ ハる)

アルファベットは大文字で書いてもいいと思いますし、書きやすい方で試してみて下さい。

・知ってる記号も使って

「郵便局」という言葉を聞いたら「〶」と書いてみたり、
「コピーライト」「©」と書く・・・など、あまり頻繁にそういう場面は無いかもしれませんが、知っている記号で省略できる言葉が出てきた場合は、使ってみるといいかと思います。

書籍「絶妙な速メモ(速記)の技術」について

本記事で紹介したテクニックですが、「絶妙な速メモ(速記)の技術」(中根 康雄著)という書籍から引用したもの、また参考として自分なりにアレンジしたものが多いです。

こちらの本ですが、最終的には「中根式」という速記の話になってはいるのですが、速記について書かれた部分以外に「メモを速く書く」ための色々なテクニック・考え方が紹介されていて、それらはちょっとした慣れやコツを掴むことで、充分実践に使えます。
興味を持たれた方は、是非こちらの本も読んでみてください。

以上、メモのスピードを上げる方法でした。

別記事で「レポ用にメモをとる際のおすすめ文房具」を紹介しています。
さらにスピードを上げたい、という方は是非ご覧ください。

私がこれまでに書いたイベントレポートはnoteで公開していますので、
こちらも下記のリンクより、是非ご覧ください。

▼shuheiのnote

https://note.com/shuhei_sa

-ちょい速記

執筆者:


  1. […] ライブ・トークショー・イベントレポ用メモのスピードを上げる方法【速記は無理・難しい方向け】 […]

  2. […] ライブ・トークショー・イベントレポ用メモのスピードを上げる方法【速記は無理・難しい方向け】 […]

【ライブ・イベントレポ向け】メモをとるスピードを上げる方法まとめ【速記より簡単】 | shuheiのお仕事・推し事ブログ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ライブ・イベントレポ向け】メモをとるスピードを上げる方法まとめ【速記より簡単】

推しの出演するライブやトークショーなどのイベントに参加して、後でレポを書きたい人っていますよね。そのために、現場でメモをとることがあると思います。 でも、出演者のトーク内容とか、書くのが全然追いつかな …

ライブ・トークショー・イベントのメモにおすすめの文房具【3年半以上の実践で厳選】

▼本記事の動画版です。 ライブ・トークショーなどのイベントで、レポを書くためにメモをとっている人っていると思います。もしくは、「ちょっとメモとってみようかな」と思っている人。今、どんなメモ帳やペンを使 …

6つの記号を覚えてメモのスピードを上げる方法【イベントのレポを書きたい人向け】

ライブ・トークショーなどのイベントってだいたい録音・録画禁止ですよね。だから、後でレポを書くためにメモをとっている人がいると思います。 そんな人向けに、速記のような特殊な知識・訓練なしでも、6つの記号 …

オリジナルの文字・記号を作ってメモを速く書く方法【2〜5倍以上スピードアップ可能】

ライブ・トークショーなどのイベントレポを書きたい。そのためにメモをとっているけど、書くのが遅くて追いつかない。 そんな人向けに、オリジナルの文字や記号を作ることで、今より少し・・・と言っても、およそ2 …